失敗しないために!内祝いについてしっかり理解しておこう!


まず内祝いってどんなものなの?

親戚や知り合いが結婚した時や、赤ちゃんが誕生した時には、心を込めたお祝いの品を贈るのがマナーですよね。ギフトを受け取った側は、内祝いの品物をお返しとして贈ることになります。これを内祝いと呼びますが、一体どういうものなのかなんとなくしか分かっていない、という人は多いのではないでしょうか。もし自分が結婚したり、子供が生まれた時には内祝いを贈る側になるわけですから、恥ずかしい思いをしないためにも、簡単なマナーや常識については知っておいた方がいいですよね。

内祝いは、元々は内輪のお祝い事があった時に、嬉しい気持ちや幸福を分かち合うために宴会を開いたり、贈り物を渡すなどのやり方で行われてきました。それがいつの間にか、お祝いのギフトをくれた相手にお返しをするという意味に変化していったんですよ。

贈り物の値段は?何を渡せばいいの?

結婚祝いに引っ越し祝い、出産祝いなどの内祝いを贈る時には、具体的な品物を決める前に予算を決めなくてはいけません。もらったギフトに対してあまりにも安いものだと失礼に当たりますし、逆に高価すぎるものを贈っても相手に気を遣わせてしまいますよね。基本的には、お祝いの品物の半額程度が目安です。ギフトをくれた相手と、品物の値段を簡単にまとめたリストを作っておけば、内祝いを用意する段階になっても困りませんよ。

ギフト専門の通販サイトなども今は増えているので、そこで販売されている品物から相手の好みや家族構成に合ったものを選んでおけば失敗することはないでしょう。本人が欲しいものを自分で決めてほしいと思っているなら、カタログギフトもおすすめです。

内祝いとは、内輪だけの祝いの意味です。出産、婚礼、年祝いなど様々な祝いの時に、贈り物を贈ることです。