気になるその特徴!電子タバコと煙草の違いは何?


蒸気と煙という大きな違い

まず煙草は、先端部分に火を点けることによって葉が燃えるので、そこから発生する煙を吸い込んで楽しみます。その煙には多くの有害物質が含まれていて、健康を考える上で度々問題になっているのも事実です。常に煙が出ているので、吸っている本人だけでなく周囲にも悪影響を及ぼします。依存性のあるニコチンの影響で吸い続けてしまう人が多く、悩みを抱える人も少なくありません。それに対して電子タバコは発生した蒸気を本人だけが吸い込むという形になります。煙草のように煙が常に出ている訳ではないので、ほとんど周囲に迷惑をかけません。

ニコチンが含まれているか否か

煙草はニコチンが含まれた煙を吸い込みますが、日本の電子タバコは基本的にニコチンが含まれていません。故に依存性になる可能性は極めて低く、尚且つその動作は煙草を吸っている時とほとんど同じなので禁煙を目指せます。ただ、海外の電子タバコはニコチンが含まれている場合が多いです。日本は薬事法の関係で流通が禁じられていますが、電子タバコが法律上どのような立ち位置か曖昧な部分もあるので、この先色々と変化する可能性はあります。

健康への影響はどうか

煙草はパッケージにも表記してありますが、健康への悪影響は明白です。電子タバコは、未だその影響が本格的に分かっていません。煙草は歴史ある嗜好品の一つですが、電子タバコは近年急速に広まった嗜好品なので、不明点が少なくありません。ただ、煙草と違って含まれる化学物質が少ないので、その点では健康に優しいと言えます。

ニコチンリキッドは、正しい使用方法を守ることで禁煙対策の一環として使用することができ、健康に関心のあるヘビースモーカーの間で普及し始めています。