機械式腕時計ならフォーマルな場でも安心して使える


商談の場でスマホを見て時間を確認するのはよくない

近年、腕時計をつけている人は少なくなっているとよくいわれます。皆、スマートフォンや携帯電話で時間を確認しているからというのがその理由ですが、カジュアルな場はそれでよくてもフォーマルな場でそれをやるのはあまりよく思われないでしょう。たとえば、商談の場で時間を確認するのにいちいちバッグからスマホを取り出していたら、「こいつはこの大事な場でSNSのメッセージでも確認しているのか?」と誤解を与えかねません。

というわけで、フォーマルな場に出ることがあるのであればちゃんとした腕時計を一本持っておきたいところです。では、腕時計ならいいのかというと、機械式の腕時計であればまず間違いはないでしょう。フォーマルな場でも安っぽい印象を与えることはありません。

10万円以内の機械式腕時計でも問題なし

機械式腕時計はいろいろなメーカーから出ています。スイスのメーカーが作っているものの場合、数十万円から数百万円することも珍しくありません。では、やはりこうした高級品を買った方がいいのかというと、決してそんなことはありません。10万円以内の国産品でもしっかりとした商品が多いですし、商品によっては海外製のものも10万円未満で買うことができます。機械式腕時計を使う場合の注意点として挙げられるのは、定期的に使わないとすぐに止まってしまうという点です。したがって、もし購入したら年に数回だけフォーマルな場につけていくというのではなく、できれば日常的に使った方がいいでしょう。

時計通販のヨシダ