壁面緑化には一体どんなメリットがあるの?


省エネやヒートアイランド現象の対策に効果がある

壁面緑化は、つる性の植物で壁面を覆うことによって建物への直射日光を遮ることができます。そのため建物の断熱性や保温性をより高めたり、冷暖房の効率も良くなるため、省エネに効果があります。またそれだけではなく、建物の表面温度の上昇を和らげたり、冷暖房器具から出る排熱を削減したり、壁面にある葉の蒸散作用によって周囲の気温を下げたりすることによって、都市部で気温が上昇するヒートアイランド現象の対策にもなります。

外壁の劣化を軽減できる

建物の外壁は、夏の猛暑によって膨張し冬の寒波によって収縮を繰り返すことで、徐々に傷んでいきます。また直射日光による紫外線によって、防水層は劣化していきます。さらに酸性雨や大気汚染物質が外壁に直接付着することにより、その劣化はさらに早まってしまうのです。しかし壁面緑化で建物を覆うことで、紫外線による影響、また酸性雨や大気汚染物質によるダメージを防ぐことができます。これにより外壁の劣化を軽減することができるのです。

集客やイメージアップに繋がる

壁面緑化は目につきやすい壁面に植物があるため、近くにいる人だけでなく、少し離れた場所にいる人にまで癒しを与えることができます。その外観により話題性も高まることから、商業施設にとって非常に良い宣伝となり、ぜひ行ってみたいと思ってもらえるという集客効果があります。それと同時に、環境への配慮をアピールすることでイメージアップを期待することもできるので、企業にとってもメリットとなります。

夏場はクーラー無しでは快適に過ごせない事が多く、冷房費がどうしてもかかります。壁面緑化を取り入れるとお得なエコライフを過ごすことができます。