環境保護に役に立つ!企業の屋上緑化の取り組み


様々なメリットのある屋上緑化

屋上緑化は、ビル群や住宅街などの多い都市を中心に普及し始めています。特に、人口密集地においては、ヒートアイランド現象の抑制の観点から、民間企業の取り組みに期待が寄せられています。また、屋上緑化のために用いる植物の種類によっては、建物の断熱性や保温性などを高めることができ、将来的に電気代の節約につながることもあります。最近では、台風や洪水などのリスクを考慮して屋上緑化を推し進めている企業も増えています。なお、屋上緑化の目的によっては、自治体から助成金が支給されることもあり、工事のために必要なコストを最小限に抑えることができます。

信頼のできる施工業者を選ぼう

屋上緑化を成功させるためには、造園の優れた技術を持つ職人が揃っている施工業者に任せることが重要です。そこで、法人向けのサービスに定評のあるる施工業者の過去の事例や、対応できる工事の内容について把握しましょう。また、施工業者の方針や職人の腕前などにより、工事費用に大きな差が出ることがあるため、早い段階で業界内で実績のある業者に見積もりを出してもらうことが大事です。大手の施工業者の中には、料金システムが分かりやすいところや、アフターサポートが充実しているところも多く、長期的に屋上緑化を続ける際にも安心です。その他、建物の見栄えを良くするためには、継続的な水やりや手入れを行って植物を枯らさないことが重要となります。そこで、スプリンクラーや排水管などの設備にもこだわって業者選びをすると良いでしょう。

屋上緑化とは、屋上に植物を植えることです。断熱性を高め、特に夏場に建物の中を涼しく保つ効果が期待できます。エアコンの電力を節約できるので、環境にやさしい暑さ対策として注目されています。