時計のメンテナンスって大変?気になる機械式時計のお手入れ方法


日常の使用で汚れが付着しやすい風防

機械式時計に関わらず日常生活で時計を使用する上で汚れやすい部分の一つとして挙げられるのが風防です。風防とは所謂文字盤を保護しているガラスやアクリルでできた部分のことを指します。汚れの中でも比較的多いとされる手で直接触れることで付着してしまう手垢などは眼鏡のレンズを拭く時に使用する化学繊維の布で落とすことが可能です。

この時により綺麗にするために水分を含ませようと考える人も少なくありませんが、機械仕掛けの製品にとって水分は大敵となるので使用してはいけません。

肌に直接触れることで汚れるベルト部分

時計の中でも最も汚れが付きやすいと言っても過言ではないのがベルト部分です。これは使用中は常に肌に直接触れていることで皮脂汚れが起きてしまうのが原因と言えます。機械式時計の多くがベルトが着脱式となっていて簡単に本体から外すことが可能です。そのため、お手入れをする時は本体から外して洗剤などで綺麗にするのが基本になります。

清潔感を保って寿命を延ばす意味でもベルトは数日1回のペースで別の物と変えることが重要です。

ムーブメントは専門家へ依頼

機械式時計は文字通りゼンマイを始めとした数多くのパーツの組み合わせによって作られていて、製造はもちろんメンテナンスにおいても専門の知識と技術が必要です。中には自分で分解をして清掃をしようと考える人もいますが、ヘタに触れてしまうと故障に繋がってしまうことも考えられます。そのため、ムーブメントに関しては不用意に手を出さずに専門家に依頼をすることが大切です。

グランドセイコーは、国内の一流の職人が製造を行っており、文字盤や針、ベルトなどいたるところににこだわりが見られ、現在でも多くのビジネスマンから支持されています。